骨董品は箱書がなくても買い取ってもらえる?

箱書は見た目にも立派ですし、その中身を作者または鑑定家の方が本物であると証明した大事な物である事がある為、骨董品の査定の目安にもなります。ですが、箱書だけが本物で中身は別という事も多くありますので査定額を決める上でも絶対的な力はありません。ですので骨董品は箱書どころか、箱無しの状態でも本物であれば査定に大きな影響があるものでは無く、買取も問題無く買い取ってもらえる事が出来ます。

骨董品は基本的に長い年月をかけて幾人もの持ち主の手を渡り歩くものです。その家に代々伝わる~と言っても、その前の事は分かりません。箱書は昔からそうした取引の際の値段の目安とされていて、骨董商を通さない取引などではそれだけで中身が本物であると信じてしまい値段が決まってしまう場合もあります。ですので昔から偽物の箱書まであるのです。また中身を本物だと思い込んだ持ち主が自分で箱を作り箱書をしていたというものもあります。

人によっては適当に箱と中身を組み合わせてしまうといった事もあります。そういった事情もありますので箱書くらいでは買取業者の方も値段も決めませんし査定に影響も与えません。ただ稀に買取だけでは無く査定にまで影響するものに共箱というものがあり、作者が自分の作品を仕舞う為に作り、自分で箱書をしたものがあります。こういった物でしかもその作者が書にも通じていた場合ですと値段が跳ねあがりますが古い物である程そういった品は少なくなります。

骨董品の価値は結局は入れ物に左右されるものでは無く、その中身の真贋です。どんなに立派な箱に入り出来の良いものでも偽物であれば価値はありません。出来が悪ければ買取ってすらもらえない事もあるかも知れません。むしろそういった物よりも箱無しで出来の良い無銘の物の方が値段が付きます。箱の有無、更に箱書の有無というのは骨董品の価値の目安の一つでしか無いという事です。これは買取を依頼する時だけでは無く自分が買う場合でも当てはまる事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>