買い取りに出した着物はどう再利用されるのか?

現代の日本はリサイクルやリユースといったものが沢山見られます。日本はデフレ経済から脱却できず、多くの人の年収が伸び悩んでいるために、価格の安いリサイクル用品が特に注目されるようになっています。かつては住宅に対し新築至上主義の日本であったものの、最近では積極的にリノベーション物件が販売され、それを購入する人が増えています。

また古い良き時代の品質やセンスの良いものに価値を見出す人も非常に多くなっています。なかでも着物に対して注目するひとが大変多くなっています。明治、大正、昭和の着物には現代では見られないモダンで新鮮な文様やデザインを見ることができます。こうしたものに魅了され、中古の着物を積極的に購入しそれを身につける若い女性が増えつつあります。そのため家の桐ダンスに長年眠っている着物を買い取りする業者の進出も目立つようになっています。買い取りされた着物は主にリサイクルショップなどの販売されます。リサイクルショップでは辻が花や大島紬など高級呉服が破格値で購入できるので、若い人にとっては気軽に様々な高品質な着物を体験できるようになっています。また買い取りされた着物の一部はレンタル業者に流れることもあります。

成人式や婚礼などの呉服、訪問着なども最近ではレンタルして身につける人も多く、レンタル業者に中古の呉服は非常にニーズがあります。また一部の呉服は、高級老舗旅館などに流れることもあります。京都や鎌倉、金沢など古都と呼ばれれる観光地では、多くの人を誘致するために旅館に特色をつけるようになっています。その旅館に泊まれば、日本の伝統美の呉服のレンタルが無料ででき、その呉服に身を包み、古都の町を練り歩くことができるイベントなどが企画されています。こうした企画は日本全国の旅館やホテルに広がっており、こうした業種で中古の呉服は非常に高いニーズがあります。日本の伝統美である着物が廃棄されることなく循環していくことは非常に素晴らしい事と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>