着物の帯の種類のいろいろ

tasoki白無垢の花嫁、あでやかな舞妓さん、芸妓さんなど、和服姿の女性は凛として素敵なイメージがあります。
着物を着てみたいけれど、着付けができない、どのような着物と帯の組み合わせをすればいいのかわからないので、和装をするのに躊躇してしまうという方は多くいらっしゃるかと思います。また、和装イコール正装というイメージもありますが、和服でも、フォーマルなものからカジュアルなものまで、色々と種類があります。それらのルールをきちんと理解し、上手に着物と帯を組み合わせて和装美人になりましょう。
まず、帯といっても色々と種類があります。

ひとつめは、正装するときに着用する袋帯です。これは、黒留袖と合わせて着用すると、既婚女性の和装としては最も格式高い恰好となります。振袖と合わせて着用すると、未婚女性としては最も格式高い恰好となります。洋装のイメージでは、ブラックフォーマルと同じくらいの格式高いフォーマルな和装となります。ほかにも、色留袖は、訪問着、つけ下げなどと合わせて着ることができます。これも格式高い恰好で、黒留袖や、振袖の次に格式高い恰好となります。もちろん結婚式や披露宴に出席するのに恥じない格式打開和装となります。さらに、色無地などと合わせて着用することも可能です。これは、少し格式が下がりますが、フォーマルな格好となるため、お茶会などに出席するのに適した服装となります。
次に、名古屋帯があります。これは、カジュアルな帯なので、格式高い着物である黒留袖や、振袖、訪問着、つけ下げなどと合わせては着用しません。小紋という比較的カジュアルな着物と一緒に合わせて着用することになります。洋装のイメージいえば、カジュアルな格好となります。もちろん、この恰好で結婚式などに出席はできません。

最後に、浴衣やカジュアルな格好をするときに着用する半幅帯があります。これは、夏祭りや浴衣と合わせるもので、本当にラフな格好でジーパンにTシャツと同じようなイメージとなります。
このように、種類によって着用シーンが色々と違ってきます。どんな帯を選べばいいのか、事前によく知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>